【アプリ】注文に革命を~マクドナルドのモバイルオーダーの特徴~

みなさん、こんにちは

 

突然ですがみなさんはご飯を食べるために行列に並べる方々でしょうか?ちなみに僕は並べません笑。並ぶよりすぐに入れるお店に行きがちなせっかちボーイです。

僕は現在、マクドナルドでバイトをしています。よく食べたくなるのでユーザーとしてもマクドナルドにはお世話になってます。

そこで画期的なアプリを見つけてしまいました。今日はマクドナルドのモバイルオーダーのそれぞれメリットとデメリットをまとめてみました。

 

f:id:lIM36EEYiAy5:20210728015407p:plain

http://www.actafan.com/tenpo/mcdonalds.html

 

 

 

~メリット~


並ばずに買える


一番のメリットはレジに並ばずに注文をすることができます。特にお昼や夕方の混み合う時間帯はレジに行列が出来ていたりします。その中でもレジに並んでから注文して出来上がりまで待つこと無く注文ができます。

 

マクドナルドは全国で何店舗あるか知っていますか?

 

なんと 21年6月の時点で2928店舗❗ちなみにモバイルオーダーが使えるお店は2770店舗あるので約9割以上のお店でモバイルオーダーが使えます。

セールスリポート|IR情報|McDonald's

 

ゆっくり選べる


またメニューをゆっくり選ぶことが出来ます。僕はどうしても後ろに並んでいる人がいると謎のプレッシャーを感じてしまうことがあります。モバイルオーダーは席に座った状態でゆっくりお得なクーポンだったりセットメニューを選ぶことが出来ます。

 

キャッシュレスで決済完了


モバイルオーダーはクレジットカード、PayPay、LINE Payでのキャッシュレス決済が可能です。予めクレジットカードやPayPayを登録しておくと支払いも済ませれるのですごく便利です。


席まで持ってきてくれる


レジに並ばずに更に自分が座っている席まで持ってきてくれるシステムがあります。
テーブルに番号が書いた札があるのを見たことある人もいるのではと思います。実はこのテーブル番号に持ってきてくれます。なのでまずお店に入って席を確保してからアプリで注文します。そのままオーダー完了まで進むとあとは店員さんが自動で持ってきてくれます。

 


使った履歴が見れる


いつ、どこで何を買ったかという購入履歴が確認できます。家計簿をつけている人は金額が分かるので便利かなと思います。

 

 

~デメリット~

 

レジでしか頼めないものがある


そんなモバイルオーダーですがレジでしか頼めないものも何個かあります。
まずは「お水」です。これは小さめのコップに水を無料で提供してくれます。メニュー表にも表記は無いのでもしかしたら知らない人も居るのではと思います。

次に「ケチャップ」です。ポテトを頼んだときに実は「ケチャップ」を付けてもらうことが出来ます。2個以上は30円のプラス料金で買うことも出来ます。

最後に「スマイル」です。なかなかレジで注文している人はいないかなとは思います笑。ただマクドナルドの店員さんは基本的に皆さん笑顔なので注文しなくても自然に与えてくれます。

 

オーダーする時間制限がある


お店の営業時間によっても異なりますが、5時~24時の時間帯での注文となります。閉店時間の10分前までに注文しないといけないです。閉店10分以内に駆け込んで入る場合は直接レジでの注文が必要になってきます。


楽天・dポイントカードが使えない


モバイルオーダーで会計を済ませると楽天とdポイントが付与されないという点です。ポイントを貯めている方はモバイルオーダーは使えないです。

 

以上、メリットとデメリットの紹介でした。楽天・dポイントカードが使えなかったり時間が限られてたりと制限はあります。

実際に僕自身が使ってみての感想は、まず超便利でした。お店に着く5分前に注文しておくと到着したらすでに出来上がっている状態です。またメニューをゆっくり見ながら注文できるのも良かったです。あと店員側としても聞き間違いによるオーダーミスも減りますしスムーズな受け渡しも可能なのでモバイルオーダーの注文は有り難かったです。

よかったら参考にアプリのダウンロードサイトを掲載しておきますのでインストールしてみてください。

 

 

iPhoneの方 

マクドナルド

マクドナルド

apps.apple.com

 

Androidの方

play.google.com